MENU

着圧ストッキングで安いものは良くない?

 

着圧ストッキングで色々と種類が出ていますが、全てが良いものとは限りません。

 

着圧ストッキング,安い

 

だからこそ、「こういう機能を持っている」っていう最低限知識が必要となります。

 

安いものが欲しくても、効果がなかったり、破れたり、洗濯ですぐにダメになるものは使いたくないですよね?

 

なので、まずは着圧ストッキングの選び方を知っておかないといけません。

 

 

着圧ストッキングの効果のあるものの選び方とは?

 

着圧ストッキングで効果のあるものの特徴は、

 

 

締め付け力が強い
素材が丈夫で長持ちする
販売実績が高い

 

 

こういったことがあります。

 

 

なので、まずはこれを満たす着圧ストッキングを選んでおけば失敗が少ないと言えるでしょう。

 

ただ、市販で適当に選ぼうと思うと、なかなかこういった条件を満たしたものは少ないんですよね。

 

ですが、ネット通販でしか売られてないものの中では、安い価格のものでも、これら条件を満たしたものがいくつかあります。(店舗費がかからない分安いのが特徴)

 

厳選した3つの着圧ストッキングを紹介します。

 

 

着圧ストッキング安いのに良いものベスト3

 

 

プロフェッショナル スレンダーメイクレギンス

このスレンダーメイクレビンスは100万枚を突破するメガヒット商品です。

 

着圧力が全体的に強いだけでなく、足だけで6段階の加圧力が調節されているので、それだけ足に優しい着圧ストッキングとなっています。

 

冷えを改善する保温効果を持ったゲルマニウム、チタン加工、そして消臭効果のある銀などを素材として理由。
ここまで安いのが不思議なくらい優れた商品です。

単品価格 3枚価格 評価
2,980円 8,940円 着圧ストッキング,安い

 

販売実績が他の商品より群を抜いて多いのが特徴です。

 

もちろんそれだけでなく、全てが日本の工場で作られており、信頼性も高く、素材の丈夫さも特徴の一つです。

 

形状記憶機能があるので、他のストッキングで多い、洗濯してすぐに伸びてしまうといったトラブルが少ないです。

 

安い価格で、長く使える着圧ストッキングを探している人に間違いない商品です。

 

 

着圧ストッキング,安い

 

 

エクスレッグスリマー

ここ1年の間では最も売れている着圧ストッキングです。

 

満足度、リピート率ともに90%を超えている購入した人の満足度が高いのも信頼できます。

 

またサーモグラフィで着用時と非着用時を比較したところ、0.5度も上昇していることがわかり、それだけ基礎代謝量が上がり、脂肪燃焼が期待できることが伺えます。
機能面では一番と言って良いほどですが、1位のスレンダーメイクレギンスより1,000円ほど高いので2位にしました。

単品価格 3枚価格 評価
3,960円(送料800円) 11,880円(送料無料) 着圧ストッキング,安い

 

他の着圧ストッキングではされていないのですが、このエクスレッグスリマーでは着用してどれくらい変化があったのかという結果が載せられています。

 

1か月履いた太もものサイズ変化として、87%がマイナス4cm以上変化があったというデータがあります。

 

テレビでも紹介されるなど実績や機能、性能面でも1番では?と言える商品です。

 

多少高くても本格的で一番良い着圧ストッキングを使いたい人には間違いない商品です。

 

 

着圧ストッキング,安い

 

 

リンパマッサージセルライトスパッツ

価格でいっても1位と同じぐらい安い着圧ストッキングです。

 

それでいて、楽天ランキング1位、200,000枚突破する販売実績も高い商品です。

 

素材や構造にもこだわりが見られますが、部位ごとの着圧力や、ツボを刺激する機能がないのでこの順位となりました。

単品価格 3枚価格 評価
2,980円 8,940円(送料無料) 着圧ストッキング,安い

 

アスリートのテーピング技術を応用した強圧編みがほどこされています。

 

ただ、足の部位ごとの締め付け力の調節が考慮されていない点で少し不安があります。

 

上位の着圧ストッキングと違って、きつすぎる箇所もあるのでは?と予想できます。

 

 

着圧ストッキング,安い

 

 

着圧ストッキングで安いものを選ぶには注意が必要!

 

上で紹介した着圧ストッキングは安いものですが、機能性、そして販売実績も高い3つを紹介しています。

 

 

ただ、市販でただ安いからといって適当に選んでしまうと、

 

 

すぐにダメになる(洗濯で伸びたり、ほつれが出る)

締め付けが弱い、もしくは強すぎる

効果がない

 

 

このような着圧ストッキングを選んでしまう可能性が高いです。

 

 

なので、選んで後悔したくないなら1位か2位の着圧ストッキングを選ぶようにしましょう。